青汁に含まれている栄養素

豊富な栄養が含まれており、健康管理に役立つ存在と言えば青汁です。

それゆえに野菜不足を解消する為にも最適と言われていますし、野菜が原材料ですので小さなお子様からお年寄りまで楽しむ事ができます。

では青汁にはどういった栄養素が配合されているのかという事ですが、まずビタミンCが挙げられます。

ビタミンCは骨を丈夫にする働きがあるとされていますので、例えば骨粗鬆症への対策にも役立つと言われています。美容へのサポートにも期待ができます。

ビタミンCはお肌の代謝を促進してくれますし、抗酸化作用もありますのでアンチエイジングにも最適です。

続いてビタミンB群も挙げられますが、B群は炭水化物の代謝をアップして疲労の軽減に役立ったり、神経機能の正常化、脂肪の燃焼を促してダイエットに役立つ、ホルモンバランスを整えるなどの働きをする成分です。

ビタミンとしては他にもビタミンAも配合されていますが、ビタミンAは視力に関する作用をしますので、例えばパソコンなどの使い過ぎによって疲れ目になってしまった時の対策としても活躍します。

青汁に配合されている栄養素としてミネラルもありますが、ミネラルは細胞を作り出したり、粘膜を丈夫にするなどの働きがありますので、健康面及び美容面に於いて欠かす事ができない栄養素です。

他にも食物繊維も豊富に配合されています。食物繊維が不足している状態ですと便秘になり易かったりしますので、便秘対策として青汁が飲まれる事も少なくありません。

こういった栄養素は青汁に含まれている一部ですが、その他にも様々な栄養素が配合されており、健康や美容の管理の為にも役立ってくれます。

栄養補給の為にも最適の青汁ですが、ただ各製品によって配合成分が異なりますので、健康や美容への作用を期待する際にはよく比較をしてみる事が大切です。

中には無添加の物もあれば、保存料などが加えられているような製品もありますので、安全性が気になる際にもよく確認してみる事が大切ですし、直接体内に入るものですので、原産地などもチェックしておいた方が安心と言えます。

そして青汁選びの際に大切なのが継続できる製品を選ぶ事です。基本的には毎日摂取し続ける必要がありますので、コストパフォーマンスにも優れている製品を選ぶようにした方が良いでしょう。

もちろん継続する為には味や利便性なども大切なポイントですので、サンプルを活用するなどしてよく比較をしてみる事が大切です。

そこでオススメがすっきりフルーツ青汁です。

野菜不足解消し、ダイエットにも便秘解消にも効果があります。

自然痩せしたい方に最適です。

乳酸菌と善玉菌、サプリについて!

 

わたしたちの腸の中には、無数の善玉菌と悪玉菌が存在しています。

善玉菌とは腸内に生息している細菌の中でも、特に人体の健康維持に大きな貢献をしてくれる部類のものを指します。

食生活や病気、またその他諸々の原因によって、体内環境がころころ変化してしまっては、わたしたちは生きることができなくなります。

善玉菌の中には体内の状態を正常に保ってくれる働きが備わっており、このことは恒常性維持機能(ホメオスタシス)と呼ばれています。

また悪玉菌とはわたしたちの体の健康を害する細菌のことで、腸内に腐敗物を溜め込む菌のことです。大腸菌やクロストリジウムはよく知られていますが、そのほかにも様々な種類のものがあります。

善玉菌と悪玉菌は互いに干渉せずに共存しているわけではありません。

常に自分の生息範囲を広げることに専念しており、互いに戦っているのです。また悪玉菌同士の戦いや善玉菌同士の戦いが起きることも珍しくありません。

しかし腸内に占める細菌の割合としては、善玉菌が15%、悪玉菌が10%となっており、その差は5%程度しかないのです。残った75%の細菌のことは日和見菌と呼ばれています。

この日和見菌とは善・悪の区別のないもののことを差して言います。

しかし全体的にバランスの強い方につくという特性があるために、体調が崩れ悪玉菌の割合が多くなってしまった場合には、悪玉菌優勢の環境が腸内に出来上がってしまうのです。

このように腸内の細菌事情は、微妙な関係で成り立っています。

腸内フローラとはこのような腸の中に存在している細菌たちの生態系のことをさす言葉で、腸内細菌叢とも呼ばれます。

この腸内フローラを整えておくことで、人間は健康を維持することができるようになるのです。乳酸菌はこの腸内フローラを整える上で欠かすことのできない、細菌の一種です。

こちらには糖を分解して50%以上の乳酸を作り、かつ悪臭の原因となるような腐敗物質を作らないもののことを指します。よく似た働きをするビフィズス菌というものが善玉菌の約99.9%を占める一方、乳酸菌はたった0.1%以下しか存在していません。

ビフィズス菌の場合は乳酸より酢酸を多く作り、乳酸の割合は50%未満しかないのです。

また乳酸菌は酸素があっても生息できるのに対し、ビフィズス菌では酸素があると生息することができません。また乳酸菌は小腸に多く存在するのに対し、ビフィズス菌は大腸をメインに活動しているという特徴もあります。

さてこのようにわたしたちの身体に欠かせない乳酸菌ですが、増やすあるいは減らさないためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

一番良い方法は、乳酸菌サプリ「女神フローラ」を飲むことです。1日たった2包で、全17種類・1.7兆個の乳酸菌を摂取することができます。腸までしっかり届き、年齢や生活環境による健康の悩みをサポートします。

また、適度な運動やストレスの少ない生活を心がけることです。このようなことは一見すると、腸内フローラにはあまり影響を与えないように感じるかもしれません。

しかしながら現代人につきもののストレスによって、悪玉菌が増加させてしまうことにつながってしまうのです。

これは過度なストレスによって腸の消化液の分泌が抑制されるために腐敗が起こり、悪玉菌の生息しやすい環境に腸内が変化するからです。

そのため規則正しい生活やストレスをできるだけ少なくする心理状態を心がけるようにしましょう。また適度な運動などもオススメです。

ストレスの解消となるほかに、腸の運動を促進し腸内環境を整えてくれるからです。

善玉菌を増やすためには、そもそも善玉菌を体外から摂取することも手軽な方法の一つです。

乳酸菌の場合にはサプリメントやドリンクなども、様々な種類のものが販売されていますので、こちらを利用するのも良いことだと言えます。

このようなサプリやドリンクは、不規則な生活やバランスの悪い食事になりやすい現代人にとって、非常に手っ取り早く善玉菌を増やすことができるだけでなく、日常的に腸内フローラに目を向ける目的としても重要です。

乳酸菌サプリ「女神フローラ」は、今話題のフェカリス菌・ガゼイ菌・ブルガリクスなど全17種類・1.7兆個の乳酸菌を配合した業界トップクラスの乳酸菌サプリです。質の高い多種類の乳酸菌を一度に多く摂取することができるのでおすすめです。

サプリ以外にも食品の中にも乳酸菌の多く含まれているものが多くあります。

チーズやヨーグルトなどは乳酸菌食品としてよく知られていますが、発酵食品にも豊富に含まれていることはあまり知られていません。漬物やキムチ、味噌や納豆なども優秀な乳酸菌食品ですから、積極的に摂取するように心がけましょう。

また乳酸菌を摂取した後には、これを育てることを考えなければなりません。ですから乳酸菌の栄養源となる食品も積極的に摂取するべきです。

主な栄養源としては食物繊維が挙げられます。

これは腸を刺激することによって、蠕動運動を活発にする働きも期待できる、腸内環境を整えるためには欠かすことのできないものです。

穀物や芋類、豆類に豊富に含まれているほか、海藻類やキノコ類からも摂取することができます。さらにこんにゃくやごぼうにも、食物繊維が多いです。オリゴ糖も乳酸菌の栄養源として欠かすことができません。

他の糖が胃や腸で消化されてしまうのに対し、こちらは大腸まで届くからです。タマネギやゴボウに豊富に含まれています。

 

腸活として青汁を飲んで腸内環境改善を目指そう!

 

便秘は腸の調子が悪いことを知らせてくれる症状だといえるでしょう。

通常であれば便はスムーズに体外へと排出される仕組みになっているからで、いつまでも腸内に便が留まり、お腹が張ったり肌荒れが目立つ、体調がすぐれないなどの不快な症状が出るのは決して良い状態とはいえません。

腸の調子を整えて、健康状態を取り戻すことを腸活といいます。

腸に良い方法を実践して腸内環境改善を目指し、便秘などの不快な症状を和らげるように自ら努力することが、腸活の基本です。

巷で人気のある腸活のやり方として、青汁を用いたものが存在します。

昔から有名な健康飲料として愛されている商品ですが、腸内環境改善にも役立つ優れた飲料でもあります。

青汁による腸活のメリットとして、食物繊維の存在があります。

原材料に使われるのは青い色をした植物で、ケールや大麦若葉、桑の葉や熊笹などが主に使われています。これらの原材料の中に食物繊維が含まれており、摂取することで腸内に食物繊維を届けることが可能です。

食物繊維は腸内環境改善を目指すには大変重要な存在になります。特に便秘に苦しんでいる人なら、できるだけ摂取したい栄養素です。

栄養素といっても、食物繊維自体は腸に吸収されませんので、摂取したとしてもそのまま身体の外に排出されてしまいます。

しかし、この性質を利用することで、便の流れをスムーズにすることが可能です。

腸で消化吸収されない食物繊維には、不溶性と水溶性の2種類が存在します。青汁に含まれるのは主に水溶性で水を取り込む性質を持っています。

硬くなった便を軟らかくして、身体の外へ向かって押し流しやすくしてくれます。硬くなった便はその場に留まりやすいですから、水溶性食物繊維を腸に届けてあげるのはとても大切なことです。

また、飲料であるため、水分補給も同時にできるのがメリットだといえるでしょう。

しかし、水溶性食物繊維だけを摂取していても、腸活にはあまりよくありません。不溶性食物繊維とバランスよく取り込むことで、腸の動きが活発になるからです。

不溶性食物繊維は腸の壁を刺激する作用を持っています。食品として主に豆類や、きくらげに干し椎茸などのきのこ類に豊富です。

現代人の食生活だと、食物繊維が不足しやすいと心配されています。特にダイエットをしている人だと食事量が減少しがちですので、1日の必要量である食物繊維を摂取するのが困難です。

摂取量を増やすためにも、青汁を普段の食事に追加してあげることで、現代人でも簡単に腸活ができるようになるでしょう。

食物繊維には他にも嬉しい働きを備えています。腸内に生息する善玉菌の栄養源になるという、優れた性質があります。

善玉菌は腸内環境改善のためには必須の存在です。腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類が主に生息しており、お互いのバランスを保ちながら健康を維持しています。

しかし、ストレスや疲労、加齢や食生活の偏りなどで、悪玉菌が増えてしまうことがあります。

悪玉菌が増えすぎてしまえば、腸の調子が悪くなって便秘や下痢、肌荒れや肥満、原因不明の調子の悪さなど、様々な不快な症状を引き起こすリスクを高めてしまいがちです。

善玉菌を増やしてあげることで、悪玉菌を理想的な数に調整できるようになります。

善玉菌は毎日のように減少する性質を持っていますので、口から積極的に善玉菌を取り入れる腸活の実施はとても大切なことです。

青汁であれば簡単に食物繊維を取り入れることができますから、善玉菌の活性化を導くことが可能です。他に、善玉菌を含んだ食品を一緒に食べれば腸内環境改善を効率良く行えるといえるでしょう。

善玉菌を含んだ食品として有名なのが、ヨーグルトです。乳酸菌飲料もおすすめです。朝食として食べたり、間食や食後のデザートとしても食べやすい存在であるのがメリットです。

ヨーグルトや乳酸菌飲料についてはプレーンタイプのものばかりでなく、フルーツ入りのものを食べても構いません。フルーツに含まれる栄養素を同時に取り込むことができますので、健康や美容に役立ってくれます。

できればオリゴ糖入りの商品を選ぶことをおすすめします。オリゴ糖は食物繊維と同じく、善玉菌の餌になるからです。

オリゴ糖入りの好みの商品が見つからなければ、オリゴ糖を単体で購入しても良いでしょう。ヨーグルトなどと一緒に食べて、上手な腸活を目指しましょう。

青汁の中には乳酸菌入りの商品も存在します。ヨーグルトといった発酵食品が苦手な人でも、このような商品であれば無理なく善玉菌を体内に取り込むことができて便利です。

便活・腸活!便秘解消とダイエットが同時にできる「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」という青汁ゼリーがあります。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、善玉菌を増やす乳酸菌や腸内環境を良くするオリゴ糖・食物繊維が豊富に含まれていますので、無理なく健康的なダイエットや便秘解消におすすめです。